リースのしくみ

導入を希望する物件を、島田掛川しんきんリースがお客さまに代わって購入し、それを月々一定のリース料でお貸しします。
リースのしくみ

1.リース期間について
設備の使用予定期間に合わせて弾力的に設定します。ただし物件の耐用年数の70% (10年以上は60%)が下限になります。
例)法定耐用年数が10年の場合は6年が最短のリース期間となります。

2.リース料について
リース料は原則として毎月一定額で、島田掛川信用金庫のお取引店口座より引き落としいたします。
リース料には、リース物件の代金のほか、税金、保険料、手数料などが含まれます。

3.税金保険料について
物件に対する固定資産税、動産総合保険料は、島田掛川しんきんリースが支払います。

4.物件のアフターサービスについて
お客さまとメーカー・ディーラーとの別途保守契約になります。

5.契約期間終了後について
物件の返却・再リースはご希望によりどちらでも選択できます。再リースの場合はリース料がお安くなります。

リースのメリット

リースのメリット
1.資金を効果的に運用できます
「購入か リースか」迷うことも多いかと思います。購入は物件が自社の所有物になり、移転や抹消も自由です。ただし購入には一時的に多額の資金が必要で、場合によっては余裕資金の減少リスクもあります。
リースをご利用になれば、月々一定のリース料で、ご希望の物件(機械や設備)をご使用になれます。お手持ちの余裕資金や借入枠を、他の資金需要や有利な投資、研究・開発、そして次の世代に向けた社員教育に振り向けることができ、資金の運用効率が高まります。

2.時代に適合した物件を使用できます
機械や設備を購入すると、償却が進むまでのある程度の期間は、新しい機種に替えにくいという制約が生じます。リースの場合は、耐用年数の70%(耐用年数10年以上は60%)でリース期間を設定できますので、常に時代に適合した機械・設備を使用することができます。

3.リース料は経費として損金処理
中小企業のお客さまは、お支払になるリース料は税法上、会社の経費として全額損金処理できます。

4.事務処理が簡素化されます
購入の場合は、購入物件の償却、地方自治体への固定資産税の申告、保険会社への保険料の支払いなどの事務処理が発生します。リースの場合は、資産償却の管理が不要で、申告や保険料支払いは島田掛川しんきんリースが行うため、事務処理が大幅に簡素化されます。
またリース料を毎月お支払いいただくことで、機械・設備の原価がはっきりするため、会社業績の把握や事業計画の立案なども容易になります。

リースの手続き

リースの手続き
※審査結果によっては、ご希望にそえない場合もございます。ご了承ください。
※手続きに関してご不明な点がございましたら、お手数ですが弊社までご連絡ください。
>>> お問合せ
※犯罪収益移転防止法(改正のご案内) 犯罪収益移転防止法は、反社会的勢力による犯罪収益の移転やテロリズムに対する資金供与の防止を目的としています。
リースをご検討の際には、この法律の内容についてご確認をお願いいたします。<PDF>

Copyright© 島田掛川しんきんリース株式会社 , 2022 All Rights Reserved.